ニュースリリース

新型ノート「AUTECH」、ならびに、新型ノート e-POWER
4WDの「助手席回転シート」を発表

2020.12.23

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、23日、新型「ノート」のカスタムカー「AUTECH」、および、新型「ノート」e-POWER 4WDをベースとした「助手席回転シート」を設定し、日産の販売会社を通じて、2020年度内に発売する予定です。
なお、11月24日に発表した新型「ノート」e-POWER 2WDベースの「助手席回転シート」は、本日より販売を開始します。

ノート 「AUTECH」、ノート「X FOUR 助手席回転シート」

<新型ノート「AUTECH」>
「AUTECH」は、オーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングを特徴とするブランドです。素材などの細部にまでこだわりを持つお客さまに向けたブランドで、プレミアムスポーティをコンセプトとしています。また、オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーが、ブランドのアイコニックカラーです。
2代目となる新型ノート「AUTECH」は、先進コンパクトカーである新型「ノート」をベースに、さらに高級感や特別感を高めたモデルとしてデビューします。
エクステリアは、どの角度から見ても美しく輝くようにデザインしたドットパターンのフロントグリルや、専用デザインのアルミホイールを採用しました。さらに、低重心とワイドスタンスを印象付けつつ、スポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツを車体下部に装備しました。また、フロントバンパーには、AUTECH専用のブルーに輝くシグネチャーLEDを採用することで、昼夜問わず一目で「AUTECH」とわかる、個性豊かなスタイルに仕上げました。
インテリアは、シート地に、柔らかな手触りで体に馴染むレザレットを採用し、海面の波の動きをモチーフにした模様を施しました。インストパネルには、鮮やかな木目が特徴的な高級材、紫檀(シタン)の柄にダークグレー色を施しつつ、さりげなくブルーに光るパールをあしらいました。また、ハンドルやシートなどにブルーを配し、インテリア全体をブルーとブラックでコーディネートしました。さらに、後席中央にアームレストを装備するなど、上質な素材とこだわりのディティール表現により、ワンランク上のエレガントな空間を演出しました。
ボディカラーは、「オーロラフレアブルーパール」、「ピュアホワイトパール」それぞれに、「スーパーブラック」のルーフを組み合わせた2トーンカラー、そして、「ミッドナイトブラック」を「AUTECH」専用カラーとして設定。全8色のカラーバリエーションとしました。

主な特別装備、ボディカラー

<新型ノート「助手席回転シート」>
新型ノート「助手席回転シート」は、簡単な手動操作で、助手席を車外に向けて回転できるモデルです。スカートや和服を着ていても足を揃えてスマートに乗り降りすることが可能になります。
今回、「助手席回転シート」についてもベース車と同様に、本格電動の4輪駆動システムを搭載するモデルを設定しました。


<全国希望小売価格(消費税込み)>

全国希望小売価格(消費税込み)

<WEBカタログ>
ノート「AUTECH」: https://www.autech.co.jp/sv/note_autech/index.html
ノート「助手席回転シート」: https://lv.nissan.co.jp/LVCAR/NOTE/SPINFRT/

以上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。