ニュースリリース

エクストレイル「AUTECH」、「エクストリーマーX」、「助手席スライドアップシート」を一部仕様向上

2020.01.16

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、「エクストレイル」をベースとしたカスタムカー「AUTECH」、「エクストリーマーX」、および、ライフケアビークル(LV)*1「助手席スライドアップシート」を一部仕様向上し、日産の販売会社を通じて1月23日より全国一斉に発売すると発表しました。

AUTECH HYBRID i Package 20Xi エクストリーマーX 20Xi エクストリーマーX 助手席スライドアップシート【特別架装】

今回の仕様向上では、「AUTECH」、「エクストリーマーX」、「助手席スライドアップシート」においても基準車と同様に、更なる先進安全装備の拡充と快適性の向上を図りました。


<エクストレイル「AUTECH」>
「AUTECH」は、多種多様なカスタムカーづくりで蓄積してきたオーテックジャパン伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングが特徴のブランドです。素材などの細部にもこだわりを持つお客さまに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトとしています。オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーが、ブランドのアイコニックカラーです。
今回の仕様向上では、「エクストレイル」唯一の19インチタイヤを継続採用し、SACHS社製ショックアブソーバーを含む専用サスペンションを新たに全車に装備し、さらなる上質な乗り味を実現しました。日常のドライブシーンから、カーブが連続する道での走行や高速道路での車線変更などまでよりスムーズに行えることで、安心感やクルマを操る楽しさを提供します。
また、お客さまのお好みに合わせてインテリアコーディネートが選択できる「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」*2を継続設定しました。本プログラムでは、運転席・助手席パワーシートを標準設定とし、本革シートカラーをストーンホワイト、タンの2色から、ステアリングをストーンホワイト、タン、ブラックの3色から選択することができ、さらに、ステアリングステッチの縫製パターンを3種類からお選びいただけます。


<エクストレイル「エクストリーマーX」>
エクストレイル「エクストリーマーX」は、ボディ下部をガードするダーククロムのエクステリアパーツや、グロスブラックの専用デザインアルミホイールなどを装備し、本格SUVとしてワイルドでタフなイメージをより強調したモデルです。


<エクストレイル「助手席スライドアップシート」>
エクストレイル「助手席スライドアップシート」は、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる車両です。シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作なども可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めています。


*1 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。
*2 2020年2月発売予定

エクストレイル「AUTECH」WEBカタログ:
https://www.autech.co.jp/sv/xtrail_autech/index.html
エクストレイル「エクストリーマーX」WEBカタログ:
https://www.autech.co.jp/sv/xtrail_xtremerx/index.html
エクストレイル「助手席スライドアップシート」WEBカタログ:
https://lv.nissan.co.jp/LVCAR/X-TRAIL/SIDESEAT/


以上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。