ニュースリリース

NV100クリッパー リオ「チェアキャブ」の一部仕様向上を発表

2019.08.06

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、「NV100クリッパー リオ」をベースにしたライフケアビークル(LV)*1「チェアキャブ」の仕様を一部変更し、同日より日産の販売会社を通じて全国一斉に発売すると発表しました。

NV100クリッパー リオ チェアキャブ
NV100クリッパー リオ チェアキャブ

NV100クリッパー リオ「チェアキャブ」は、車両後部から車いすのまま車内に乗り込めるように、操作が簡単な手動式のスロープと、車いすの乗り降りを手助けする電動ウインチを装備した福祉車両です。使い勝手の良い分割可倒式のリヤシートや広い室内空間により、介護タクシーや福祉施設まで幅広いお客さまからご好評を得ています。
また、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」や「踏み間違い衝突防止アシスト」*2などの安全機能を装備しており、安心してお使いいただいております。

今回の一部仕様向上では、加えて「LDW(車線逸脱警報)」、「インテリジェント DA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」、「ハイビームアシスト」、「オートライトシステム」を全車標準装備とし、更なる安全性を向上させました。


NV100クリッパー リオ「チェアキャブ」の主な特長は、以下のとおりです。

●フレキシブルにアレンジ可能なリヤシート
ご使用シーンに合わせて完全格納、または、一部格納が可能なリヤシートを採用。リヤスペースに乗車した車いすのすぐ横に介助者が座る場合は、リヤシートを1名分のみ展開し、車いすが乗車しながらも、通常の全シート使用時と同様に4名が同時に乗車できます。また、リヤシートをすべて折りたためば、大きなサイズの車いすでも乗車できる余裕のスペースを確保できます。車いすが乗車しない場合は、ベース車同様に4名が乗車できます。

●クラス*3トップレベルの広い室内空間
室内高1,410mmと大きな車いすでも余裕の頭上スペースを確保。
また軽自動車であり、かつ、リヤシートを備えながらも全長1,410mmまでの車いすが乗車可能であり、介護タクシー、介護事業者、一般家庭での介護などでお使いになるさまざまなサイズの車いすに対応しています。

*1:日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」 (LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。
*2:「チェアキャブ」では、前方のみの機能となります。
*3:軽キャブワゴンクラスの車いす仕様車(2019年7月日産調べ)。同製造事業者車種も同様となります。



以上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。