ページの先頭です

ニュースリリース

2017/12/19

「エクストレイル」の特別仕様車、「モード・プレミア i」、「20Xi エクストリーマーX」、「20Xi 助手席スライドアップシート」ほかを発売
-あわせて「モード・プレミア」を一部仕様向上-

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、特別仕様車「モード・プレミア i」、「モード・プレミア i HYBRID」、「20Xi エクストリーマーX」、「20Xi HYBRID エクストリーマーX」、「助手席スライドアップシート20Xi」、「助手席スライドアップシート20Xi HYBRID」を設定するとともに、「モード・プレミア」を一部仕様向上し、日産の販売会社を通じて12月19日より全国一斉に発売すると発表しました。

エクストレイル「モード・プレミア」は、エクストレイルの持つタフな性能はそのままにエクステリア・インテリアの高級感を高めたモデルです。
また、エクストレイル「エクストリーマーX」は、ボディ下部をガードするエクステリアパーツなどを装備し、本格SUVとしてワイルドでタフなイメージをより強調したモデルです。

今回、これらの2シリーズをベースに、エクストレイルで人気の「プロパイロット」や、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」、「RCTA(後退時車両検知警報)」、「ハイビームアシスト」、「インテリジェント アラウンドビューモニター」、「インテリジェント ルームミラー」などの運転支援システムを標準設定とした特別仕様車を追加設定しました。また同時に、「モード・プレミア」に「LEDヘッドランプ」、「インテリジェント オートライトシステム」を標準装備し、利便性と安全性を向上させました。

さらに、特別仕様車「20Xi」、「20Xi HYBRID」をベースに、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる「助手席スライドアップシート」を設定しました。
スライドアップシートには、シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めています。

なお、特別仕様車「モード・プレミア i」*1「モード・プレミア i HYBRID」*2、「20Xi エクストリーマーX」*1、「20Xi HYBRID エクストリーマーX」*2、「助手席スライドアップシート20Xi」*1、「助手席スライドアップシート20Xi HYBRID」*2は基準車同様、エコカー減税による減税措置が適用されます。

*1 ガソリン車は、「平成27年度燃費基準+10%」と「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」を達成しており、自動車取得税は20%減税、自動車重量税は25%減税となります。
*2 ハイブリッド車は、「平成32年度燃費基準+20%」と「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」を達成しており、自動車取得税は、60%減税、自動車重量税は75%減税、グリーン税制 自動車税は50%減税となります。



以上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。