ページの先頭です

ニュースリリース

2016/11/25

NV350キャラバン「ライダー」シリーズ、「ライフケアビークル(LV)」シリーズを一部仕様向上

日産産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は、「NV350キャラバン」の一部仕様向上にあわせ、カスタムカー「ライダー」シリーズと、「ライフケアビークル(LV)*1」シリーズの一部仕様を向上し、バンベースのモデルは同日25日より、ワゴン、マイクロバスベースのモデルは30日より、日産の販売会社を通じて全国一斉に発売すると発表しました。

NV350キャラバン「ライダー」は、仕事でもプライベートでもこだわりの一台を求める方のためのカスタムカーです。エルグランド等で人気のライダーシリーズのイメージを踏襲した専用のフロントマスクを採用することで、より力強く存在感のあるデザインとしています。本革巻ステアリングや防水シート地などが装備される「インテリアパッケージ」も設定し、機能性と上質感の両立を求めるニーズにも対応しています。ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」もラインナップしています。

また、NV350キャラバン「ライフケアビークル(LV)」シリーズは、ベース車の室内の広さや、スライドドア開口高を活かし、主に福祉施設・病院の送迎用、福祉・介護タクシーのニーズに応える車両です。全車、取り回しの良い1.7m未満の車幅で、バックビューモニターを標準装備とする(スーパーロングボディ車)など、運転される方にも配慮しています。

今回の一部仕様向上ではベース車と同様に、「ライダー」シリーズの主要グレード*2に「エマージェンシーブレーキ」および「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」を標準装備しました。また、「ライダー」シリーズ、「ライフケアビークル(LV)」シリーズのうち、ワゴン、マイクロバスベース車においては、シフトレバーのインジケーター部に夜間照明を追加することで、夜間運転時の視認性の向上と、内装の質感を向上させました。

NV350キャラバン「ライダー」シリーズ、「ライフケアビークル(LV)」シリーズは、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」による減税措置*3で、自動車取得税及び自動車重量税が一部の車型、グレードで減税となります。

*1: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care
Vehicles)と呼んでいます。
*2: バン 2WD ロングボディ 低床 AT車
*3 エコカー減税の詳細については、ベース車と同様に「『NV350キャラバン』エコカー減税サイト」(http://www.nissan.co.jp/EVENT/TAX/NV350CARAVAN/)をご参照ください。

以上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。