ニュースリリース

エクストレイル「AUTECH」を新発売
あわせて、「エクストリーマーX」「助手席スライドアップシート」を仕様向上

2019.01.11

日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:片桐 隆夫)は11日、「エクストレイル」の一部仕様向上にあわせ、新たなカスタムカー「AUTECH」を設定、および「エクストリーマーX」とライフケアビークル(LV)*1の「助手席スライドアップシート」を仕様向上し、日産の販売会社を通じて1月28日より全国一斉に発売すると発表しました。

AUTECH HYBRID i Package 20Xi エクストリーマーX 20Xi エクストリーマーX 助手席スライドアップシート【特別架装】

今回の仕様向上では、「AUTECH」、「エクストリーマーX」、「助手席スライドアップシート」においても基準車と同様に、「ハイビームアシスト」、「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を全車標準装備としました。また、全車標準装備である「踏み間違い衝突防止アシスト」機能に前進時歩行者検知機能を追加しました。更に20Xグレードは、全車にLEDヘッドライトを標準装備としました。



<エクストレイル「AUTECH」>
エクストレイル「AUTECH」は昨年1月に発売したセレナ、7月に発売したノートに続く「AUTECH」ブランドの第3弾となります。

「AUTECH」は、スポーティでありながらよりプレミアム感の高いスタイリングや素材にこだわるお客さまに向けて、カスタムカーづくりから蓄積してきたクラフトマンシップを注入した、プレミアムスポーティ志向のブランドです。

エクステリアは、プレミアムスポーティとして細部まで作り込まれたディティールと、メタル調フィニッシュの専用パーツによって上質と先進性を表現しました。19インチに大径化した専用デザインのアルミホイールや左右2本出しタイプのマフラーなどを装備し、SUVならではのスタンスの良さと、クラスを超えた車格感を実現しました。
ボディカラーは、AUTECH専用カラーの「カスピアンブルー」を含む、全7色をラインナップしています。

インテリアは、エクストレイル唯一となる本革シートを採用。「AUTECH」のアイコニックカラーであるブルーを随所にあしらい、上質な素材とディティールにこだわった、個性的かつエレガントな空間を演出しています。


また同日に発表したAUTECHブランド車をお客さまの好みに仕立てる、「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」をエクストレイル「AUTECH」にも設定しました。「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」では、前席パワーシートを標準設定したほか、本革シートはストーンホワイト、タンの2色から、ステアリングはストーンホワイト、タン、ブラックの3色選択することができ、更にステアリングは3種類のステッチからお好みのステッチをお選びいただけます。


<エクストレイル「AUTECH」車両概要>

<エクストレイル「AUTECH」車両概要>

<エクストレイル「エクストリーマーX」>
エクストレイル「エクストリーマーX」は、ボディ下部をガードするエクステリアパーツなどを装備し、本格SUVとしてワイルドでタフなイメージをより強調したモデルです。


<エクストレイル「助手席スライドアップシート」>
「助手席スライドアップシート」は、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる仕様です。また、シート回転・昇降操作に加え、シートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを標準装備し、利便性を高めています。


*1: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。



<エクストレイル AUTECH全国希望小売価格(消費税込み)>

<エクストレイル AUTECH全国希望小売価格(消費税込み)>

<エクストレイル エクストリーマーX全国希望小売価格(消費税込み)>

<エクストレイル エクストリーマーX全国希望小売価格(消費税込み)>

<エクストレイル 助手席スライドアップシート全国希望小売価格(消費税非課税)>

<エクストレイル 助手席スライドアップシート全国希望小売価格(消費税非課税)>

以上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。