ページの先頭です

ニュースリリース

2014/10/22

全国初のNV350キャラバン「コミュニティバス仕様車」を発売

---小型コミュニティバス導入ニーズ増加に対応---

日産自動車株式会社の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は、全国で初となる「NV350キャラバン」をベースとした「コミュニティバス仕様車」を発売したと発表しました。

  • NV350キャラバン「コミュニティバス仕様車」(リフタータイプ)

    NV350キャラバン「コミュニティバス仕様車」(リフタータイプ)

  • NV350キャラバン「コミュニティバス仕様車」(リフタータイプ)

    NV350キャラバン「コミュニティバス仕様車」(リフタータイプ)



近年各地において、交通網が不足している地域の解消を図ることを目的に、また、お年寄りや障がいのある方などの生活交通手段として、コミュニティバスの導入が進められています。中でも、小規模な旅客自動車運送事業の需要増加に伴って、乗車定員15人程度のワンボックスカーを改造した「小型コミュニティバス」のニーズが増加しており、今回、それに最も適している車格として「NV350キャラバン」をベースにとした「コミュニティバス仕様車」を発売しました。

「コミュニティバス仕様車」は、「NV350キャラバン」のワイド幅、スーパーロングボディ、ハイルーフのマイクロバスをベースに、乗降用の電動ステップや手すり、行先表示板、降車ボタン、運賃箱、放送設備などを装備しています。通常シートレイアウトのバスタイプと、車いすのままでも乗降できるリフタータイプの2仕様を架装しました。

本車両は、通常の量産モデルとは異なり、実際に発注をいただいたお客さまの個別の要望を元に仕様を決定し、日産車体株式会社(本社:神奈川県平塚市)の支援を受けて開発・架装が進められました。

なお初号車は、発注をいただいていた株式会社海老名相中(本社:神奈川県海老名市)に5台納車され、10月30日から神奈川県大和市の小型コミュニティバスとして運行が開始されます。また今年度内に、さらに10台が同市に導入される予定です。

以 上

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。