ページの先頭です

ニュースリリース

2014/01/15

エルグランド「ライダー」シリーズ、「アンシャンテ」、「VIP」をビッグマイナーチェンジ

 日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン (本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は、「エルグランド」のビッグマイナーチェンジに合わせ、カスタムカー「ライダー」シリーズと、ライフケアビークル(LV)*1「アンシャンテ」、エグゼクティブ向けの特別仕様車「VIP」をビッグマイナーチェンジし、日産の販売会社を通じて、1月20日より全国一斉に発売します。

*1: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。


エルグランド「ライダー」 (2WD・VQ35DE)

エルグランド「ライダー」 (2WD・VQ35DE)

エルグランド「アンシャンテ 助手席スライドアップシート 250ハイウェイスター」

エルグランド「アンシャンテ 助手席スライドアップシート 250ハイウェイスター」

エルグランド「VIP」(2列仕様)

エルグランド「VIP」(2列仕様)

<エルグランド「ライダー」車両概要>
 エルグランド「ライダー」は、圧倒的な迫力と存在感をテーマに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネイトしたカスタムカーです。今回、ビッグマイナーチェンジと同時に、エクステリアでは最大の特徴であるフロントスタイルや専用アルミホイールのデザインを一新したほか、新たにローダウンサスペンションを採用し、エルグランド「ライダー」ならではの重厚感をさらに強調したスタイルとしました。またインテリアでは、専用フィニッシャーの意匠を杢目金(もくめがね)調に変更しました。これは、幾重にも重ね合わせた金属の表面に彫りをいれた上で叩いて平らにすることで、木目のような表情を浮かび上がらせる「杢目金(もくめがね)」を表現したもので、これによりライダーの持つシャープさや高級感を際立たせました。さらに、追加カスタマイズするためのディーラーオプションである専用フロントプロテクターもデザインを一新し、あわせて、専用フロントプロテクターデカールを新たに設定しました。
 また、「ライダー」をベースに、車体、サスペンション、エンジンにわたり、自動車メーカー直系のカスタムカーメーカーならではのバランスの取れたトータルチューニングを施した「ライダー ハイパフォーマンススペック」や、ダーククロムのフロントグリルなどを採用し、人気の高いアイテムを標準装備とした「ライダー ブラックライン」もビッグマイナーチェンジし、継続設定しました。

 
 なお、今回のビッグマイナーチェンジでは、カスタムカー「ライダー」シリーズ、車への乗り降りをサポートする装備を追加したライフケアビークル(LV)「アンシャンテ」、エグゼクティブのための走る執務室をコンセプトにした「VIP」において、ベース車と同様に、3列目のシートスライド追加*2により広い荷室を実現し、大型化した新デザインの2眼メーターの中央にアドバンスドドライブアシストディスプレイ(5インチカラーディスプレイ)を配しました。また、「250XG」ベースの「アンシャンテ」を除く全グレードでLEDヘッドランプを採用したほか、全車にクルーズコントロールを標準装備しました。

*2: VIP 2列仕様は除く。




<全国希望小売価格(消費税込み)>
以 上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。