ページの先頭です

ニュースリリース

2012/08/28

新型ノート「ライダー」、「アンシャンテ」を発売

 日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は、新型「ノート」をベースに、カスタムカー「ライダー」、および、ライフケアビークル(LV)*「アンシャンテ」を設定し、日産の販売会社を通じて9月3日より全国一斉に発売します。

*: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。


ノート「ライダー」(HR12DDR)〈オプション装着車〉

ノート「ライダー」(HR12DDR)〈オプション装着車〉

ノート「アンシャンテ 助手席スライドアップシート X FOUR」〈オプション装着車〉

ノート「アンシャンテ 助手席スライドアップシート X FOUR」〈オプション装着車〉




<ノート「ライダー」車両概要>
 新型ノート「ライダー」は、スマートに個性や特別感を演出する特別装備でエクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカーです。
 エクステリアでは、さりげなくアクセントとなる専用フロントグリルや光輝モール付の専用フロントバンパーなどを採用しました。また、専用15インチ光輝アルミホイールで足元を引き締めています。
 インテリアには専用の格子柄のシート地やドアトリム、さらに本革巻のステアリングを採用し、クールな雰囲気を演出しました。



<ノート「アンシャンテ」車両概要>
 以下の2タイプを設定しました。

●アンシャンテ 助手席スライドアップシート(昇降シート車)

 助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる車両です。乗車準備および降車後のシート格納時間を短縮できる早送り機能や、シート回転・昇降操作に加えシートスライドとシートリクライニングの操作を可能とした多機能リモコンを採用するなどした、日産オリジナルの多機能スライドアップシートを搭載しています。

●アンシャンテ 助手席回転シート(回転シート車)
 簡単な手動操作で助手席を車両の外側に回転することで、車への乗り降りが容易にできる車両です。助手席回転シートは「ノート」のシートをそのまま採用し、標準車と同じ見栄えと乗り心地を維持しています。

また、「アンシャンテ」用のオプションとして、手指に障がいのある方など通常のアシストグリップを握ることが難しい方でも、輪形状になったグリップを握らずに手を通すだけで乗車中の姿勢保持ができる「つり革タイプアシストグリップ」を新たに設定しました。


 なお、「ライダー」「アンシャンテ」はベース車と同様に、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」により「HR12DDR」エンジン搭載車は自動車取得税及び自動車重量税が免税*1となります。また、「HR12DE」エンジン搭載車(2WD)は、自動車取得税および自動車重量税が75%減税*2されます。

*1: 「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の認定を受けています。
*2: 「平成27年度燃費基準+10%」を達成し、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」の認定を受けています。



<全国希望小売価格(消費税込み)>
以 上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。