ページの先頭です

ニュースリリース

2011/11/01

「オーテックオーナーズグループ・湘南里帰りミーティング2011」開催
---293台のオーテック車と、653人のオーテックファンが湘南に大集結---

 10月29日、大磯ロングビーチ駐車場(神奈川県)で「オーテックオーナーズグループ・湘南里帰りミーティング」が開催されました。本イベントは、オーテック商品のオーナーへの感謝の意をこめて、オーナー同士の交流はもとより、オーナーとオーテックスタッフの交流を深める場として積極的に取組んでいるミーティングで、今回で7回目の開催となります。
集合写真

集合写真

社長 吉田 衛

社長 吉田 衛



 過去に一度も雨が降ったことがない本イベントは、今年も見事な秋晴れのもとに開催されました。会場となった大磯ロングビーチ駐車場には、北は岩手、西は岡山から、総勢653人のオーテックファンが来場しました。 集まった293台の新旧オーテック車の中には、1988年式のスカイライン「オーテックバージョン」(R31型)やシルビア コンバーチブル(S13型)から、本年春に発売されたジューク「アーバンセレクション」、あるいはライフケアビークル(LV)*や教習車なども含まれ、車種別にエリア分けされた会場内ではオーナー同士が和気あいあいと交流をはかる姿が見られました。
 ステージ周りでは、ゲストとして迎えたAUTECHレースクイーンの美波千夏さんの司会・進行によりビンゴ大会が行われたほか、当社創立25周年を記念して、その歴史を振り返る○×クイズ大会などが開催されました。
 また、他イベントへの出演スケジュールの合間を縫って急遽会場に駆けつけたSUPER GT 2011 MOTUL AUTECH GT-R(#23) ドライバーの本山哲選手が登場すると、来場者から大きな歓声があがりました。
 オーテックの社員によって設けられたブースでも、お子さまからペットまで楽しめるゲームコーナーを設けたり、デザイン開発に用いるクレイモデルを実際に削る体験や、エンジン部品を手にとって見られるコーナー、職人といっしょにモノつくり工程の体験ができる場、チャリティ抽選会なども実施されました。
会場では、最新の市販車両のほかにも、オーテック社員が技能習得・伝承のために製作した試作車両などの展示も行われました。

 本イベントは、オーテックの本拠地である茅ヶ崎(湘南)から全国に出荷された車が、再び誕生の地である湘南に集結することの意味を込めて、「湘南里帰りミーティング」と名づけられています。オーテックは、今後もこのようなイベントを通してオーナーとのコミュニケーションを図り、より良いクルマ作りや、素敵なカーライフの提案に繋げていきます。

*: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいます。



以 上

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。