ページの先頭です

ニュースリリース

2009/09/07

NV200 バネット「ライフケアビークル(LV)」シリーズを発売

 日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:吉田 衛)は、「NV200 バネット」をベースに、ライフケアビークル(LV)*「チェアキャブ」と「アンシャンテ ステップタイプ」を設定し、日産の販売会社を通じて、10月9日より全国一斉に発売する。

*: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。


NV200 バネット「チェアキャブ」<オプション装着車>

NV200 バネット「チェアキャブ」<オプション装着車>

NV200 バネット「アンシャンテ ステップタイプ」<オプション装着車>

NV200 バネット「アンシャンテ ステップタイプ」<オプション装着車>





<NV200 バネット「チェアキャブ」車両概要>
 NV200バネット「チェアキャブ」は、車両後部のスロープから、車いすのまま車内に乗り込める車両である。コンパクトなボディサイズでありながら充分な室内空間を確保している「NV200 バネット」の特長を活かし、主に、病院や福祉施設の送迎車や介護タクシーなど、法人向けの需要に適した多人数乗りの車いす仕様車とした。車いす乗員を含めて6〜7名が乗車することが可能である。2列目には専用形状シートを採用し、助手席側スライドドアから室内への乗降性も向上させたほか、乗降用手すりや電動式スライドステップなどを装備することで、車いす乗員だけではなく、介助者や自力で歩行できる方にも乗降しやすい仕様とした。
 なお、NV200バネット「チェアキャブ」では、使い方や乗車人数に合わせて以下3種類の室内レイアウトを設定している。 
 

●車いす2名仕様
 2列目シートの位置とその後ろに、車いす2名が同時に乗車できる。車いす2名を含めて6名が乗車可能。車いすの代わりにストレッチャーで乗車することもできる。


●車いす1名仕様 専用サードシートなし
 車いすは、2列目シートの後ろの位置に乗車する。車いす1名を含めて6名が乗車可能。介護タクシーなどとして事業用登録*ができる。
*: シートスライド規制、ラベル貼付などの追加架装が必要。

●車いす1名仕様 専用サードシートあり
 車いすは、2列目シートの後ろの位置に乗車する。車いすの横にシート(専用サードシート)があり、介助者などが車いすと並んで座ることができる。車いす1名を含めて7名が乗車可能。




<NV200 バネット「アンシャンテ ステップタイプ」車両概要>
 NV200 バネット「アンシャンテ ステップタイプ」は、車内への乗降を容易にする電動式スライドステップを、助手席側スライドドアの下に装備した車両である。ステップが一段増えることで、お年寄りや小さなお子さまなどの乗降時の負担を軽減することができる。また、病院や福祉施設の送迎車として使用時にも便利な、乗降用手すりやステップランプをオプション設定した。




<全国希望小売価格(消費税込み)>
以 上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。