ページの先頭です

ニュースリリース

2008/12/22

クリッパー、クリッパー リオ「チェアキャブ」を一部改良

 日産自動車の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:吉田 衛)は、今回一部改良した「クリッパー」「クリッパー リオ」をベース車とし、ライフケアビークル(LV)*「チェアキャブ スロープタイプ」継続設定し、日産の販売会社を通じて、12月22日より全国一斉に発売する。

*: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。


クリッパー リオ「チェアキャブ スロープタイプ」(2WD)

クリッパー リオ「チェアキャブ スロープタイプ」(2WD)

今回の一部改良では、法規対応*のため、スライドドアセンターレール、フロントフェンダー、リヤアンダーミラー、専用リヤバンパーなどの形状を変更した。

*:道路運送車両の保安基準(第二章第十八条)及び協定規則(第94号)




<クリッパー、クリッパー リオ「チェアキャブ スロープタイプ」車両概要>
 車いすのまま車内に乗り込めるように、手動式スロープと車いす固定装置を装備した車両である。
主な特長は以下の通り。
・大きめの車いすでも安心して乗降できる幅760mmのスロープ
・車両降下機構(ニールダウン)の採用により緩やかなスロープの傾斜を実現
・クラス最大級の室内長とハイルーフによる余裕の室内空間
・車いすの方を含め4名乗車が可能
・フラットなフロアが生み出す、車いすの方の快適な視界
・車いすの方専用のアシストグリップを標準装備



<全国希望小売価格(消費税は非課税)>
以 上

関連サイト

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。