ページの先頭です

ニュースリリース

2007/10/23

「オーテックオーナーズグループ・湘南里帰りミーティング」開催
---222台のオーテック車と、451人のオーテックファンが湘南に大集結---

10月20日、さわやかな秋晴れのもと、大磯ロングビーチ駐車場(神奈川県)で「オーテックオーナーズグループ・湘南里帰りミーティング」が開催された。本イベントは、オーテック商品のオーナーを対象に、オーナー同士の交流はもとより、オーナーとオーテックスタッフの交流を深める場として積極的に取組んでいるミーティングで、昨年に引き続いて開催された。
集合写真

集合写真

社長 吉田 衛

社長 吉田 衛

 北は北海道、西は兵庫県からオーテックファン総勢451人が来場。会場には、R31スカイラインオーテックバージョンなど歴史ある車種から、今年1月に発表したフェアレディZ Version NISMO、さらにはライフケアビークル(LV)*まで、222台の新旧オーテック車が車種別に並べられ、同車種オーナーを中心に、オーナー同士が交流を深めた。
 メインステージでは、2006年、2007年AUTECHレースクイーンの実はる那さんをアシスタントに、大抽選会やチャリティオークションが行われた。また、2006年にSUPER GTシリーズに参戦した仕様のフェアレディZが会場内を走行して登場し、来場者を喜ばせた。
 さらに、オーテックスタッフによるブースが設けられ、技術や新商品についての紹介がされ、来場者は自身の愛車の企画・開発担当者の話に耳を傾けた。

オーテックの本拠地である茅ヶ崎(湘南)から全国に出荷された車が、再び誕生の地である湘南に集結することの意味を込めて、「湘南里帰りミーティング」という名称で取組んでいる本イベント。今後もこのようなイベントを通してオーナーとのコミュニケーションを図り、より良いクルマ作りや、素敵なカーライフの提案に繋げていく。

*: 日産自動車グループでは、生活の色々なシーンでお役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼んでいる。




■オーテックジャパン社長 吉田 衛 挨拶(抜粋)
 オーテックは今から21年前に日産自動車から独立するかたちで誕生し、“量産自動車メーカーの価値観にとらわれず、様々なお客さまのニーズを満たすクルマ作りをする”ということを使命にしています。この使命に沿うクルマ作りの糧とするために、オーナー同士が交流でき、同時に、オーテックのスタッフとも直接交流でき、楽しめる場が欲しいと考え開催しているのが、湘南里帰りミーティングです。この形態となってまだ二回目ですが、今後皆さんと一緒に育て、継続していければと思っております。


以 上

オーテックジャパンのニュースリリースを配信しています。