ページの先頭です

スタッフの声

いつでもお客さまの目線で

「お客さまに喜んでいただくために私たちにできることは・・・・・・」
「魅力ある、信頼性の高いクルマをお客さまにお届けしたい・・・・・・」
オーテックジャパンの従業員は、日々クルマづくりへの想いを抱いています。
私たち従業員一人ひとりのこの想いこそが、オーテックジャパンのパワーの源なのです。

オーテックらしいクルマを作りあげる

スペシャリティビークルの商品企画を担当しています。常にお客さま視点を忘れず、お客さまに喜ばれるクルマを作るには何が必要なのかを考えながら、業務に取り組んでいます。「いろいろと困難はあるけれども、諦めずに、オーテックらしいクルマを作りあげていくことが大切」という教えは、いつも私の中にあります。お客さまのお気に入りのパートナーになれるクルマを企画する、それが私の目標です。

納得するまで良いデザインを追及

上手く行っている時はもちろん、悩んでいる時でも、「仕事を楽しむ」ということを心がけています。
納得するまで良いデザインを追及したものが商品になった時、そしてお客さまが大切に乗って下さっているのを見た時の感動は特別なものです。これからも、オーテックならではの価値あるデザインを発信し、たくさんの喜びと感動を提供できる「デザイナー」になりたいと思います。

女性の視点でプラスできること

スペシャリティビークルの外装部品設計を担当しています。男性の多い部署ですので「女性の視点で何かプラスできることはないか」を常に意識しながら、また、周囲とのコミュニケーションも大切にしながら業務に臨んでいます。街中で自分が担当したクルマを見かけたりすると、設計をしていた時を思い出すのと同時に、乗っていただいているお客さまへの感謝の気持ちでいっぱいになります。

お客さまの喜びがもっと増えるように

ライフケアビークルのチェアキャブ開発業務を担当しています。普段から心がけているのは、各関連部署やサプライヤーさんとの確実な連携です。開発部署単独ではクルマ作りは出来ません。時には激しい意見のやりとりもありますが、一人ひとりがしっかりと日程を意識しながら業務を遂行することで、1つの商品が出来上がります。お客さまの喜びがもっと増えるよう、優れた商品を開発して行きたいと思います。

オーテックの職人として認められたい

新型車の試作・生産の準備を担当しています。図面という「机上の世界」と、生産という「現実の世界」を繋ぐ、大事な「架け橋」の役目です。図面の部品を確実に生産に繋げてお客様のクルマに仕上げていく、そのためには、技術はもちろん感性もしっかりと磨かなければと感じています。「オーテックの職人」として皆に認められるよう、これからも一つ一つの仕事にこだわりを持って頑張ります。

スピードと柔軟性が不可欠

スペシャリティビークルのマーケティング業務を担当しています。刻々と変化する市場には、「スピード」と「柔軟性」を持った対応を心掛けています。新型車のプロモーション企画など、重要なプロジェクトを任される機会も多く、大きな充実感をもって、日々の業務に当たっています。「オーテックのクルマに乗ってよかった」と、一人でも多くの方に喜んでもらいたい。そんな夢を抱きながら業務に取り組んでいます。

壁を超えるごとに成長を実感

海外のライフケアビークル事業における、商品の受発注管理・マーケティング活動のサポートなどを担当しています。海外の方との仕事は、言葉や文化の差にとまどうこともありますが、常に粘り強いコミュニケーションを心がけています。また、様々な分野の専門知識が求められるという大変さもありますが、ひとつの壁を越えるたびに、自分自身の成長を実感できます。もっともっと自分の付加価値を高めていきたいです。