ページの先頭です

セレナ NISMO

オーテック車購入に至るまでのエピソード

バド好きさん

車種詳細

セレナ

仕様名

NISMO

年式登録

2018年5月

ご購入に至るまでのエピソード

C26セレナ 2016最終モデルからの乗り換えです。20歳から車を乗りついで13台目の車となりました。
日産車との出会いは、衝撃的でした。CUBE3のCMのDVDが貰えると応募したのですが、1名に車両が当たることになっていたのです。
そうです、初めての日産車は抽選に当選して手に入れることになったのです。
CUBE3はキューブマイルームのキャッチフレーズで売り出していたCUBEのストレッチ版でコンパクトなボディに7人乗れるスペースを作り出していて、ちょっとしたところへの外出で多人数を載せて移動できる便利な車でした。
その後は、C24セレナ、NT32エクストレイル、C26セレナと乗り継ぎました。
そして今回、C27セレナNISMOです。
5月6日に注文してから、ネットでのインプレッション記事や動画などを見させていただき、実車への期待がどんどん大きくなりました。
中でもNISMOドライバーの松田氏の動画インプレッションで登り道のリニアな加速感についてのお話が印象的でした。松田氏は後日購入されたと聞いています。

たまたま、同仕様の車がライン上にあり、注文からわずか22日間で納車していただきました。
それから1ヵ月、早くも2300kmと毎日乗っていて楽しいです。
高速を使って兵庫県から三重県へ往復340kmの日帰りをしましたが、プロパイロットの便利さ
と快適性を実感しました。
専用サスペンションとタイヤで高速道の継ぎ目を乗り越える振動もまるで高級車に乗っているかの
様ですし、専用マフラーチューニングによる効果で、加速時や高速走行時の音も妻や子供達が前の
と全然違ってうるさくないと高評価でした。
先日、近くのIKEAで偶然隣にセレナNISMOが止まっていました。
そこにオーナー家族も居て、お互いに写真を撮り合ったりして、いい車に出会えましたねと笑顔で別れました。
NISMOに乗っているだけで、新しい出会いが生まれたのです。新鮮な体験でした。
ミニバンにNISMO?ってどう違うんだろう?って思っていたのですが、オーナーお父さんだけでなく家族をも結び付けてくれた「C27セレナNISMO」に感謝です!

セレナ NISMOの車種詳細を見る