ホーム  >  イベント  >  AUTECH OWNERS GROUP 湘南里帰りミーティング2009

AUTECH OWNERS GROUP 湘南里帰りミーティング2009

楽しみ方はいろいろ。多彩なオーナーたちが語るオーテック車の魅力

オーナー同士の交流

普段からのオフ会仲間、会場で毎年会う人、初対面の人びと……。いくつもの交流の輪が重なって会場がひとつになっていく。

会場では、普段はネット上で交流しているオーナー同士が顔を合わせ、愛車にさらに磨きをかけてアピールするなど、各自が自由に時間を過ごす。「いるだけで楽しい」「すみからすみまで歩きたい」と誰もが笑顔で、この場にいることを満喫している。住む場所も年齢も家族構成も異なるオーナーたち。でも、「オーテック車のオーナー」という共通点で、すぐにうちとけ合えるのが「湘南里帰りミーティング」だ。

参加者1

3世代&親戚&友人で参加

夫婦と兄弟、両親、息子の3世代がステージア3台を含む4台のオーテック車で群馬県から4時間かけて参加。カメラをむけると友人だというオーナーふたりも参加。「子どもたちが成長したので、愛車のステージアをゆずることができてうれしい」と、親子の世代間交流もオーテック車の話題で円滑になるそうだ。ふたりの息子さんは、里に“帰る”ことにちなんで「カエル」のかぶりもので参加。他の参加者からも注目を集めていた。クルマ自慢プラスオーナーたちの自己アピールも会場を盛り上げている。

参加者2

家族が増えてオーテック車の楽しみ方も広がった

松本から家族で初参加。ご主人は結婚前からオーテック車のオーナー。購入動機は「パッと見てデザインが気に入って」だったが、その後、モータースポーツの魅力の深さを知り、ますますオーテックファンに。結婚後は奥さまも一緒にオーテック車のあるカーライフを楽しんでいる。生後8ヶ月の娘さんとの参加も、「家族連れが多く、企画もいろいろ。お母さん同士の交流も楽しみたいですね」と、オーナー同士だけではないフラットな交流イベントに満足の様子だ。

参加者3

愛犬も一緒に楽しめるのがいい

地元湘南から夫婦で参加。オーテック車に関心をもったのは、以前からスカイラインの開発に携わった桜井眞一郎氏の設計思想に共感していたからというご主人。桜井氏が初代社長になったオーテックは設立時から注目していた。「クルマ好きのこだわりを、手軽に満たせてくれる完成度の高さを、乗るたびに感じています」。参加は今年で3回目。「愛犬を連れてこられるイベントなので、私も毎年楽しみにしています」と、奥さまもワンコを介した参加者同士の交流を楽しんでいた。

参加者4

子どもがまた行きたいと言ってくれます

エルグランドライダーに9歳、5歳、3歳の息子さんたちを乗せて家族で参加。「昨年は次男とふたりで参加。息子がまた行きたいと言うくらい良い思い出に。今年は家族で来ることにしました」。オーテック車を選んだ理由は「家族が増え、必要性から乗り換えたワンボックスでも、走りへのこだわりを満足させてくれる存在感。シンプルなエアロパーツに大人の魅力も感じます」と、家族と共にカーライフの充実感を楽しんでいるそうだ。