ホーム  >  イベント  >  AUTECH OWNERS GROUP 湘南里帰りミーティング2008

多彩なブース、充実のイベント、熱気のステージ。時間が足りない! の声続出

オーテックグッズのブースには、開店とともに大人気(左上)。SUPER GT 2008の熱戦で感動を与えてくれたGT-Rの勇姿も間近で見られた(左下)。

今回は、会場を埋めつくすほどの参加車台数のため、駐車スペースもほぼ限界。それでも参加者に楽しんでもらおうと、各種ブースの場所も確保された。オーテックやニスモのブースでは、スタッフと熱い技術談義に盛り上がるオーナー、露店には行列が絶えず、福祉車両も例年以上の関心を呼んでいた。オーナー同士の交流にプラスアルファの何かがある。常連参加者のそうした理解の深まりが、4時間の限られた時間を上手に使う楽しみ方として定着してきたようだ。

今年の会場で車に負けじと主役級で目立ったのが、子どもたちとワンコたち。オーナーだけではなく、家族で楽しめるイベントとして参加している人も多かった。屋外では小さな子も遊べるタイヤ転がしやラジコンレース会場、日差しを避けた屋内にはキッズルーム。さらにはハーブティー講座など女性に好評なイベントも開催されていた。ワンコたちが参加できるドッグ・レースもおなじみとなり、優勝狙いの強者たちがエントリーする盛況ぶりだ。

メインステージも今年は盛りだくさんのプログラム。恒例の司会アシスタントの実はる那さんとの愛車撮影権の抽選は、GTドライバーのミハエル・クルム選手、さらには特別ゲストのものまね芸人・神奈月さんのサプライズ“乱入”でさらに盛り上がった。チャリティーオークションでは、チームジャンパーの出品に瞬く間に高額の競り合いが行われ会場を沸かせた。ビンゴ大会では、お宝商品も数多く用意され、獲得者には羨望のまなざしが注がれていた。

家族やペットと来ても楽しいのが里帰りミーティングのいいところ。カーライフの充実にこだわるオーナーたちも納得のイベント内容となっている。

メインステージも今年は盛りだくさんのプログラム。恒例の司会アシスタントの実はる那さんとの愛車撮影権の抽選は、GTドライバーのミハエル・クルム選手、さらには特別ゲストのものまね芸人・神奈月さんのサプライズ“乱入”でさらに盛り上がった。チャリティーオークションでは、チームジャンパーの出品に瞬く間に高額の競り合いが行われ会場を沸かせた。ビンゴ大会では、お宝商品も数多く用意され、獲得者には羨望のまなざしが注がれていた。

クルム選手はSUPER GT "MOTUL AUTECH GT-R(22号車)" と同様にカラーリングされたHDX(ハンドドライブカート)のGTカーで登場(上段左)。自身もライダーのオーナーという神奈月さんのサービス満点のライブに盛り上がる(上段中央・右)。ねぶ太氏もカエルの着ぐるみで参加していた(下段左)。お宝グッズの数々が、チャリティーオークションや抽選会に出品された(下段中央・右)。